❒ リンパ浮腫セラピストについて

フランシラ セラピストスクールは、認定「リンパ浮腫セラピスト」の養成機関です。

【リンパ浮腫とは?】

リンパ管やリンパ節の先天的の発育不全、又は二次性の圧迫、狭窄、閉塞などによって、リンパ流の阻害と減少のために生じた浮腫の事です。がん治療後の続発性リンパ浮腫は、全リンパ浮腫患者の約80〜90%を占めています。原因となる疾患は、乳がん、子宮がんが多いため、患者の90%以上は女性です。
 
現在、10万人以上の乳がんや子宮がんの患者さんが「リンパ浮腫」の発症に悩まされていると言われています。日本では、リンパ浮腫の治療は欧米に比べて40年遅れていると言われてきましたが、2008年には弾性着衣やバンデージが保険適応になり、2012年6月には日本脈管学会、日本リンパ学会、日本血管学会、日本静脈学会などが中心となって「リンパ浮腫療法士認定機構」を設立。また「新・リンパ浮腫研修」も実施され、専門的な治療ができるセラピストを育成する育成制度がスタートしました。
 
日本では、この10年間に約1500名のリンパ浮腫セラピストが養成校で学び活躍をしていますが、患者様の数に対して絶対数が不足しています。フランシラセラピストスクールでは2005年より主任講師は「リンパ浮腫臨床実績1万名以上の実績」を持つ廣田彰男医師を迎え、広田内科クリニックでの臨床見学を行っています。教材はリンパ浮腫製品開発メーカードイツのハートマン社、スイスやデンマークなどと提携して最新の情報と技術が身に付くように指導を行っています。

【LT と LPC について】

リンパ浮腫の治療に関わる医療者を育成する制度は、現在のところ2団体存在します。この事より皆様からのお問い合わせをたくさんいただいております。
 
一つは、各学会が構成しているLT(リンパ浮腫認定機構)で、もう一方は、癌のリハビリテーション運営委員および厚生労働省後援リンパ浮腫研修委員が中心に運営しているLPC(ライフプランニングセンター)です。いずれも、リンパ浮腫セラピストの養成世界標準時間実技67時限以上、講義33時限の同じカリキュラムが設定されています。
 
当講座は、「リンパ浮腫療法士認定機構」教育養成校でもあり、その認定資格であるリンパ浮腫療法士(LT)にも対応しています。フランシラセラピストスクールはLT・LPC、2つのどちらの団体にも協力をしているため、実技試験及び医師による口頭試問が免除になります。
大きく違う点は、LPCの受講資格対象者は医師・看護師・理学療法士・作業療法士・それにあん摩マッサージ指圧師の5業種であるのに対し、 LTでは、それに柔道整復師が加わります。(注:2016年4月に適応された保険償還には、柔道整復師は含まれていません)また、LTの受験においては「リンパ浮腫外来およびそれに準ずる医療機関・施術施設にて臨床経験を満たしている者で、研修受講後にリンパ浮腫症例5例以上の実務経験と症例提出」が義務付けられています。
 
※リンパ浮腫治療を行うのに両者の資格が必須になるということではありません。

【LPCについて】

  当講座は「がんのリハビリテーション新・リンパ浮腫研修」に協力しています。

  30年度の後半募集は10月頃から始まります。各自でお申し込みください!

  平成31年2月9日(土)・10日(日)  平成31年3月9日(土)・10日(日)

   神戸大学医学部会館 シスメックスホール    募集180名程度

<がんのリハビリテーション 新リンパ浮腫研修> 
 
対象: 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師
 
◆講義
   LPC主催の講義(外部会場にて、2日間×2 = 4日間)を受講。 33H以上
   
新・リンパ浮腫研修は、医師、看護師、理学療法士、作業療法士・あん摩マッサージ指圧師の医療スタッフがチームとしてリンパ浮腫の予防や治療に関する取り組みを実施する上で必要な基礎知識を習得することを目的としています。
この研修はリンパ浮腫委員会で決定した『専門的なリンパ浮腫研修に関する教育要綱』に沿って医療専門職に向けてリンパ浮腫の理解と適切な指導のため、国際リンパ学会より推奨されている座学の大部分が習得できる内容となっています。
不足部分は、実技認定校で受講(必須)
 
※一般社団法人 日本ライフ・プランニングセンターのホームページはコチラから

【LTについて】

リンパ浮腫療法士(LT)の受験にも対応しています。 
研修内容が認定機構に確認されているために終了証(フランシラ発行)の提出のみ必要
 
<リンパ浮腫療法士認定機構>   
 
対象 : 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師
 
◆講義
  ・医師、看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師の方
    講義(外部会場にて4日間)を受講。 33H以上
 
 
◆筆記試験
  認定機構主催による全国統一試験 (年2回、東京・大阪にて実施)
   ※受験要件: 臨床提出
 
勤務先の施設にリンパ浮腫外来などがなく、受験要件の5症例の提出が難しい場合には、LPC主催の「新・リンパ浮腫研修:4日間」を受講してください。受講後にフランシラセラピストスクール実技受講終了と合わせて「リンパ浮腫セラピスト」の認定証をフランシラセラピストスクールより発行いたします。その後に、臨床で5症例を出す条件をクリアできれば、さらにLTを受験する事が可能になります。
 
 
※「リンパ浮腫療法士認定機構のホームページはコチラから
 

ページトップ

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル2階 03-3444-8743 info@frantsila.jp

Copyright © 2015 Frantsila Corporation All Rights Reserved.